ライチでできたジェラートの色をしている雲は
煙のようにゆっくり流れている

白木蓮の木では
産毛におおわれた小さく尖った芽をつけて
花の支度をしている
猫道のおしっこの匂いが
冷えた空気と一緒に鼻に入ってきて

忘れられたこども用の乗り物は横転し
落とされた片方だけの手袋は踏まれている
それから
花壇には山茶花の花が咲く

はるかかなたに
ハレーシュンを起こしたような叢の
白く放たれたなだらかな台地があり
その空を鳥が飛んでいるのだろう